「日本」対「台湾」ラーメン比較論

「日本」対「台湾」ラーメン比較論

今回は、日本と台湾のラーメンを比べ、管理人なりに解析して分かった事を紹介します。

まず、日本のラーメンについてですが、北海道の「味噌」、東京の「醤油」、九州の「豚骨」等のラーメンが地方のブランドとして、浸透しています。これらは「スープ」の種類によって、分類されます。

確かに、店舗によっては、熊本の角煮ラーメンや、東京のチャーシューメンのように、ユニークな具材で知られている地方ブランドも、少なからず存在します。しかし具は、やはり「トッピング」でしかありません。「豚骨ラーメン店」はたくさんあっても、「チャーシュー麺店」はほぼ見かけません。スープの種類によってラーメンを分類する、というのが日本人に馴染んだ文化なのです。

独特のスープ

taipei ramen

また、それぞれのラーメン店では、メディア等でも「独特のスープ」と言われる事が、大半であるように、スープを追求して個性を発揮する店が大多数なのです。ですから、一部分のチェーン店を除外すれば、ラーメン店ごとに、一つの特製スープを極めて個性を出す、という経営戦略を取るのが普通なのです。一つのスープを極限まで追求する、これが日本におけるラーメンの基本形態なのです。

他方、台湾のラーメンにおいては、「陽春麺」、「排骨麺」、「餛飩麺」(ワンタンメン)、「牛肉麺」、などの知名度が高いです。このようなラーメンは、「具材」に重きが置かれ、「具材」の差により、ラーメンのタイプが区分されています。

牛肉麺

牛肉麺

確かに「牛肉麺」のように、出汁に大きな特徴があり、「牛肉湯麺(牛肉麺の肉抜き。出汁特化)」として出回るほど、スープに魅力があるラーメンも存在します。しかし「牛肉麺」の中心は「牛肉」であって、「牛肉スープ」であるとは言えません。「牛肉麺専門店」は多いですが「牛肉湯麺専門店」は少ないです。具の違いによってラーメンを分類するのが、台湾人の文化なのです。

また、それぞれのラーメン店では、「牛肉麺」(これは例外で、スープが特殊なため、専門店もたくさん存在します)以外では、複数のスープから選べることが一般的です。台湾のラーメン店においては、お客さんの選ぶ余地を増やすために、ラーメンは当然として、スープ単体でも販売して、スープにバリエーションを持たせる事がよくあるそうです